戻る


Leather Lesson 2
(カービングの基礎)


このページ、ずぅ〜っと昔に作りっぱなしで 今見ると情けないカービング画像で恥ずかしい・・。
カービングのGood上達法のひとつは 良い作品を沢山見ることです。 果たして私のカービングが良い作品かどうかは分かりませんが(「女性らしい丁寧な作品ですね」とよく言われますけど) ブログの方で時々画像をアップしていますので どうぞそちらも見てやって下さい。皆さんの参考になれば嬉しいです。
(2009年1月 ナホ)
カービングレザーカービングとは、革に彫刻を施すことです。
革は 湿らせると軟らかくなり 細工がし易くなります。そして その性質を利用して、革を湿らせながら スーベルカッターでカットを入れたり、刻印で革の表面を叩きつぶし立体感を付け 革に美しい模様を定着させます。
ここでは 古典的な唐草模様で、カービングの基礎的な 手順を説明します。(基礎にするには ちょっと細かな図案でゴメンなさい。ちょうど作業中の作品が この図案だったのです^^;)各写真をクリックすると大きな写真が見られ(るのもあり)ます。ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってきてね。
■ 革を裁断し、図案写し。
  • 裁断した革を湿らせて 図案を当て、上から鉄筆などでなぞり模様を写します。
  • 革は 湿らせておくと 軟らかくなるので、普通に文字を書くような筆圧でも 十分に図案を革に写すことができます。
  • 湿らせる程度は、スポンジや刷毛に水を含ませて革をサッと拭き、水分がすうっとしみ込み 革の色が変わるぐらいかな?
カッティング

■写した図案の線にそってカッティング。

←写真の 手に持っているのが スーベルカッターです。こうやって 写した図案の線に添って 革をカットしていきます。 カットする深さは 革の厚みの1/2〜1/3ぐらい。カッターの切れ味が悪い時は、さらに革を湿らせたり 革床とルージュスティックで作った革砥で カーターを砥ぎながら(滑りが良くなります)カットします。
ペアシェーダー

■スタンピング---@ペアシェーダー(陰影)

  • 革を窪ませて影を付けることによって 花や葉のふくらみを表現します。
  • 花びらや葉の大きさ・形状に合わせて 強弱を付けて打ちます。
カモフラージュ ■ スタンピング---Aカモフラージュ(あさひ)
  • カモフラージュは「偽装」とか「ごまかし」という意味ですが、その意味の通り、「くっきり・はっきり」とは打たずに軽くぼかし加減に打ちます。
  • 花びらや茎の部分や葉脈に 元の方から先に向かって連続して打ちます。うず(巻いた形の葉)は 外側の線に添って打ち、うずの最後に1個 ハッキリと打ち うずの丸みを強調します。
ベベラ■ スタンピング---Bベベラ(傾斜)
  • 花や葉の重なり具合に注意しながら 図案の外側をたたき、模様が浮き上がるようにします。ベベラを打つと カモフラージュのはみ出した跡を消すことができます。
  • 刻印は傾けずに真っ直ぐに持つのが基本。打った部分が遠浅になる様にしますが、2本以上の線が狭い間隔で平行にある部分などは ベベラで他の線を消さないように 少し手前に刻印を傾けて打ちます。
ベンナー■ スタンピング---Cベンナー(葉脈)
  • ベンナーは、葉脈の中心線に添って 中心線側が深くはっきり そして外側に向けてぼける様に 刻印を傾けて 打ちます。
  • 葉脈の中心線のカーブに合わせて ベンナーの外側が開くように少しずつ ずらして打つのですが、ずらしすぎると失敗します。初心者の人は ほとんど 平行に打つぐらいの気持ちで打って ちょうど良いと思います。
シーダー■ スタンピング---Dシーダー(種)
  • 花芯は、まず芯の外側に1列打って アウトラインを決めてしまい、中心に向かって隙間無く打ち進むと 綺麗に仕上がります。ここではシーダーを打った後、カモフラージュを放射状に打っています。
  • うずの中心にも1個打ちます。
  • 小さなシーダーは 強く打ち過ぎない様に注意ね^^
バックグランド■ スタンピング---Eバックグランド(背景)
  • 図柄の背景になる部分を 落とし込みます。模様が浮き上がり、ずっとはっきりしてきますね^^
  • バックグラウドは、隙間無くしっかりと打つと とても綺麗な仕上がりになるのですが、革に水気があり過ぎると 革が伸びて 模様がゆがんでしまいますので 注意です。
ストップ、ミュールフット■ スタンピング---Fストップ(止め)、ミュールフット(ラバの足)
  • 茎のところや 葉の線の最後のところを止めるのが ストップです。模様の線の流れに添って打ちます。これを打つと中途半端に途切れたような線にアクセントが付いて メリハリのある線になりますね〜。
  • そして、ストップを打った先に ミュールフットを打つと、模様が ずっと豪華になります。ミュールフットの数は 決まりはありません。模様全体のバランスで決めます。打ち方は ストップに近い方から 徐々に小さくなるように打ってね^^
デコレーションカット■ デコレーションカット (飾りのカット)
  • スタンピングが 全て終わったら 最後に もう1度革全体を湿らせて、スーベルカッターで デコレーションカットを入れます。花は まわりから中心に向け、葉や茎は 模様全体の流れを意識しながらフリーハンドでカットします。
  • 革は 湿らせると軟らかくなり、乾くと 縮んで硬くなります。ですから、湿っているうちに カットを入れると、乾いた時に その切り口が開いて 表情のある綺麗なカットになります。
  • デコレーションカットは基本的なものはありますが 決まりはありませんので、いろいろな図案集を見たり 他の人のカットを見て 自分の好きなスタイルを決めると良いでしょう。
しかしながら、カービングを独学で習得するのは 教本もお手本も少ないので 大変苦労されるかと思います。
ご興味がございましたら 教室にお問合せ下さい。 →→→ 宮野レザークラフト教室

TOPページ | Lesson1 | Lesson2 | Lesson3 | Lesson4 | Lesson5 | Lesson6 | 作品集(カタログ)